東京大学の偏差値一覧情報

東京大学の偏差値一覧情報

東京大学の入試の偏差値の一覧情報です。文化一類(法学部)は70、文化二類(経済学部)は67.5、文化三類(文学部・教育学部・教養学部)は67.5、理科一類(工学部・理学部)は67.5、理科二類(農学部・理学部・薬学部)は67.5、理科三類(医学部)は72.5です。東京大学は日本で秀才が集まる大学として名高いですが、やはり偏差値もかなりの高さです。医学部が該当する理科三類は70を超える偏差値の高さです。

逆転合格を狙える塾

京都大学の偏差値一覧情報

京都大学の偏差値一覧情報

京都大学の入試の目安となる偏差値は医学部(医)が最も高く78であり、最も低いのが医学部(人間健康)の64となっています。工学部、農学部は71~72となっています。一方文系の法学部は75,経済学部は73と理系の工学部や農学部と比較して高くなっています。女性に人気の薬学部は72であり、同じく教育学部は73となっています。難関大学の一つですが伝統的な自由な校風に憧れて志望する受験生が多いのが京都大学の特徴です。

人気大学の偏差値情報は偏差値テラスでどうぞ

一橋大学の偏差値一覧情報

一橋大学の偏差値一覧情報

一橋大学には法学部、商学部、経済学部、社会学部の4つの文系学部があります。偏差値は4学部とも67.5、センター試験の得点率は85%以上必要な、入学するのが難しい大学です。一般入試では英語、数学、地歴公民、国語の4科目の受験が必要です。一橋大学の入試問題は、どの科目もレベルの高い応用問題がとても多く出題されるので、合格するためには早期から基礎を固め、応用問題に対処できる発想力、思考力、計算力等を養成する必要があります。

北海道大学の偏差値一覧情報

北海道大学の偏差値一覧情報

北海道大学は札幌市にある道内で一番難易度が高いとされている国公立大です。総合大学のため、学部が多く、その偏差値は高い順に医学部医学科73、獣医学部72、薬学部69、理学部68、農学部68、工学部67、文学部65、法学部65、経済学部64、教育学部63、歯学部63、医学部保健学科60、水産学部58となります。また、総合入試という学部を後々決める方法もあります。総合入試文系は偏差値64、理系は62とされています。

大阪大学の偏差値一覧情報

大阪大学の偏差値一覧情報

大阪府吹田市に本部を置く大学で、通称阪大と呼ばれています。近畿圏では京都大学に次ぐ名門で、財界にも本校出身者が多数名を連ねます。文系では人間科学部や外国語学部があり、理系には工学部や薬学部があります。文理共に学習内容が濃く、各自で理解を深める作業が求められます。大阪大学には、箕面市や豊中市にもキャンパスが置かれており、支部でも入試説明会が頻繁に行われています。学部における偏差値は平均でも70を越えており、狭き門であると言えます。