一橋大学はどんな大学?

一橋大学はどんな大学?

一橋大学は東京大学に次ぐ高い偏差値で有名です。キャンパスは国立キャンパスと小平市にキャンパスがありますが、国立キャンパスで4つすべての学部生が学ぶことになっています。

特徴としては大学にしては学部数が少なく学生の数もそこまで多くありません。しかし、学生の評判は非常に良いと言われています。

就職活動でも学歴的にも就職率や就職実績は非常に高く、特に東証一部上場企業への就職率の高さは54.5%です。つまり二人に一人は、大企業に就職していることになります。

この数字は全国の大学の中でも1位で、最も大企業に就職しやすい大学であると言えます。東京大学よりも高い確率で大企業に就職できることは一橋大学の意外な特徴の一つだと思います。

一橋大学の偏差値情報

一橋大学の偏差値情報

一橋大学は4つの文系学部を抱える国立大学であり、首都圏を代表する難関大学の1つです。首都圏の国立大学では東京大学に次ぐ難易度の高さを誇り、関西の京都大学や大阪大学の文系学部とよく比較されます。

偏差値もこの2つの大学とほぼ同等の扱いとされています。各予備校などが発表する一橋大学の偏差値は、70前後とされていることが多いようです。前期日程の入試の方がやや偏差値は低めの70弱とされています。

一方、経済学部のみで実施される後期日程の偏差値については前期よりも高めの70強と設定されています。なお、一橋大学ではセンター試験の配点が低く、個別試験を重視する入試スタイルが採用されています。

学部によって科目配点も大きく異なりますから、配点の高い科目の偏差値を効率よく上げることがポイントとなるでしょう。

一橋大学にはどんな学部がある?

一橋大学にはどんな学部がある?

一橋大学は、文系の学部で言えば、東大京大の次に優秀な大学です。学部は、法学、商学、社会学、経済学など、文系の学部で、単科大学という扱いになりますが、極めて優秀です。

法曹界に名だたる有名人を輩出しています。残念ながら、知名度にかけてしまうところが単科大学のデメリットでもありますが、日本で有数と言われる私立大学に比べればはるかに良い評価を受けますし、オールラウンダーとして活躍できる卒業生が多いです。

大学としても、教育施設を充実させ、学べる学校としての位置づけを目指しているので、今後も学生のために必要な設備を必要に応じて提供してくれる大学だと理解してもよろしいです。

ケンブリッジ大学と言えば、優秀だと思う人が多いですが、一橋大学は、ワンブリッジ大学です。優秀なイメージに間違いはないです。