京都大学はどんな大学?

京都大学はどんな大学?

京都大学は1869年に創立し、1897年に設置された国立大学です。自由の学風を基本理念とした教育が行われています。京都市左京区や宇治市などにキャンパスがあります。

日本国内の大学入試においてトップクラスの難関大学で、学力の非常に高い学生が集まっているのが特徴です。文系理系ともに多数の学部があり、レベルの高い教育が行われています。

勉強のみならず、サークル活動や学園祭、スポーツなど様々な活動を行っており、充実した学生生活を送ることができる環境が整っている大学です。

メニューが豊富な学生食堂や各キャンパス間を輸送する連絡バス、あらゆる文献蔵書がある図書館など学生生活を支える施設やサービスも充実しています。

京都大学の偏差値情報

京都大学の偏差値情報

京都大学に入学する為に必要な偏差値は学部によって差はありますが、一般的に63以上は必要だと言われています。また、センター試験の得点率は88パーセントです。それでは、各学部の偏差値を見ていきましょう。

総合人間学部、文学部、法学部、教育学部及び経済学部は68です。理学部、薬学部、工学部及び農学部は65です。医学部は各科で違いますが、63から74です。

自分の学びたい学部の偏差値をよく知り、自分の今の偏差値を確実に把握しましょう。

また、過去の入試問題を解くことも必要です。入試問題の傾向を掌握することで、今後どのような対策をしていくか、自分です考えて取り組み、京都大学の入試問題に強くなることで、必然的に偏差値も上がるでしょう。

京都大学にはどんな学部がある?

京都大学にはどんな学部がある?

京都大学は、関西圏トップの国立大学になります。学部はすべてで10種類の学部になります。その中でもレベルがもっとも高いのが医学部になります。

国立大学で医学が学べる大学は基本的には偏差値が高いですが、その中でもかなり上位にあります。また、理系が非常に多く理学や医学や農学や薬学や工学と全部で10種類の中で5種類が理系になります。

日本の国立大学の総合大学ではめずらしいといえるでしょう。文系の学部では、総合人間部や教育学や文学や経済学や法学と5種類あります。

基本的に京都大学は、理系中心の国立大学といえます。ノーベル賞も京都大学の卒業生が非常に多いです。ただ、文系の学部も関西圏では間違いなくトップのレベルであることは間違いありません。